協同組合オートサービス・インターナショナル

Choose a language »

受入プロセス

外国人技能実習制度『実習生受入のプロセス』

 

受入申込から帰国までの流れ

1. 協同組合オートサービス・インターナショナル(以下ASIC)が実習生受入企業を募集

2. 送出し機関(以下)では実習生の募集及び日本語、技術教育を開始《3ヶ月以上》

3. 実習生受入希望企業からの申込み受付

4. PHPSIから候補人材プロフィール送付

5. 書類選考(候補人材の目星をつけます)

6. 筆記試験、面接試験(面接は受入企業も参加し、現地にて実施

7. 各受入企業ごとに研修者が決定

8. ASICにて必要書類を整え東京入国管理局に提出

9. 在留許可⇒パスポート申請⇒ビザ申請

10.来日

11.ASICが集合研修にて日本語、生活指導教育を実施《1ヶ月間》

12.受入企業にて実習生活スタート《1年間》

13.技能検定基礎2級を受検

14.技能検定に合格後、実習生として勤務《2年間》

15.帰国